スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | - |-
サーキットダイエットやり方

サーキットトレーニングダイエットとは、たった3分間という短時間の運動でどんどんヤセルことができる!といわれているダイエット法です。
サーキットトレーニングダイエットは、すでにアメリカではフィットネスクラブで実践されています。
サーキットトレーニングダイエットは、日本でも話題となり大ブームとなりました。
このサーキットトレーニングダイエットの魅力は、先ほどのべたように短時間の運動でよく長時間の運動は不要であることが挙げられます。
忙しい社会人にピッタリのダイエット法がサーキットトレーニングダイエットなわけです。

さらに、サーキットトレーニングダイエットの魅力は、ダイエット効果が早くてリバウンドがあまりないということです。
ダイエット法は、他にも星の数のごとくありますが、そのダイエット法をやめた途端にリバウンドしてしまうというものが多いですよね。
でも、サーキットトレーニングダイエットなら安心なんです。
サーキットトレーニングダイエットは、リバウンドしにくいダイエット法なんです。

では、次にサーキットトレーニングダイエットの注目すべき特色について述べてみたいと思います。
サーキットトレーニングダイエットは、無酸素運動と有酸素運動とをプラスしたダイエット法なのが特色です。
筋トレなどの無酸素運動で心拍数を上げてから有酸素運動をすることで、脂肪燃焼効果が大幅にアップすることに着目したダイエット法なのです。
ウォーキングやマラソンのような有酸素運動だけなら20分以上続けないと脂肪燃焼効果が期待できません。
しかし、サーキットトレーニングダイエットのように、無酸素運動をプラスすると1回3分間という短時間で脂肪燃焼効果が期待できるのです。
加えてサーキットトレーニングダイエットを続けると筋肉量も増えるので基礎代謝量が上がり、やせやすくリバウンドしにくくなるのです。

楽々やせてリバウンドしにくい!というサーキットトレーニングダイエットの魅力は伝わりましたでしょうか。
サーキットトレーニングダイエットで一層、キレイにやせましょう。

サーキットダイエットのやり方について説明しますね。サーキットダイエットのやり方は、「有酸素運動30秒」+「無酸素運動30秒」のセット1回を3分間行うだけなんです。このサーキットダイエットには、全身ヤセを目指すやり方と部分ヤセを目指すやり方があります。では、いよいよ基本となる全身ヤセのサーキットダイエットのやり方についての説明です。【サーキットダイエットやり方…全身ヤセ】1.無酸素運動を30秒間足を揃えて体をまっすぐにして、両腕を斜め上に伸ばしてたら(バンザイのポーズ)、しゃがんで床に腕をつけます。↓ そのまま腕に体重をかけて、しゃがんだ状態の足をピョンとまっすぐ後ろに伸ばします(腕立て伏せをする前の状態)。↓再びしゃがんだ体勢に戻り、再び体を上に伸ばす(バンザイのポーズ)。 *ポイント30秒間の間にできるだけ多くの回数を行うとダイエット効果が大きいです。また、腕立て伏せの状態の時に、お尻があがったり、下がったりしてしまっては効果は半減するので、体が一直線になるように気をつけましょう。 2.有酸素運動を30秒間軽く飛び跳ねるような感じで、その場でジョギングをします。無酸素運動で上がった息を整える感じでジョギングを行います。*ポイント足をしっかりと上げ、手も大きく振りましょう。サーキットダイエットのやり方は、以上の2つの運動を30秒づつ交互に3セットを実施することでOKなんです。サーキットダイエットのやり方は簡単ですね。なお、上記1の無酸素運動の部分を、気になる部分の無酸素運動と変えることで、部分ヤセコースになります。サーキットダイエットのやり方の2の有酸素運動は、全身ヤセ・部分ヤセコースともに共通です。参考に部分ヤセコースのお腹ヤセのサーキットダイエットのやり方を記載しておきますね。【サーキットダイエットやり方…お腹ヤセ】1.無酸素運動を30秒間仰向けになって、片足を上げると同時に、上体も持ち上げます。そして上げた方の足の膝のほうに両手を滑らせていきます。限界まできたら再び仰向けになって寝ます。↓足を入れ替えて同様に行います。交互に繰り返します。ポイントとして、足の膝は、曲げずにまっすぐにしましょう。このサーキットダイエットのやり方で、左右の足を交互にやることで、ウエストにくびれが作ることができます。


RSS関連リンク
サーキットダイエットの方法、やり方
サーキットダイエットやり方…全身ヤセ】 1.無酸素運動を30秒間足を揃えて体をまっすぐにして、両腕を斜め上に伸ばしてたら(バンザイのポーズ)、しゃがんで床に腕をつけます。 ↓ そのまま腕に体重をかけて、しゃがんだ状態の足をピョンとまっすぐ後ろ ...



トップに戻る
posted by: medit | いろいろなダイエット | - |-
サーキットダイエット

ダイエットは、食事制限だけじゃ難しいってのはもう常識ですね。
筋肉をつけて、基礎代謝を上げてリバウンドしにくい体を作らないとね。

サーキットダイエットは“肥満大国”アメリカで生まれた、ダイエット方法です。
毎日、たった3分やるだけでどんどん痩せられるといわれているダイエット法です。
実績が話題を呼び、今や“流行”ではすまされない“スタンダード”となっているダイエット方法なのです。
では具体的にどういう運動を行うのかというと、とても簡単で「有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ繰り返すだけ!」というものです。
短距離走や筋トレなどが無酸素運動で、疲労物質の乳酸がたまりやすく30秒以上続けるのは困難になり、実際には息が切れます。
無酸素運動を続けられる時間には限度があり、30秒という時間は、効率的に無酸素運動を行える限界時間なのです。
有酸素運動は、息の切れない程度の緩やかな運動、軽いジョギングやウォーキングなどで、酸素を体内に取り入れることで、脂肪を燃焼させる運動です。
これを30秒ごとに3分間繰り返すダイエット法で、交互に繰り返することから“サーキットダイエット”と名づけられました。
両方のイイトコ取りをしたのがサーキットダイエットです。

無酸運動の30秒で運動強度を上げて、有酸素運動の30秒で脂肪を燃焼させる。
この組み合わせにより、たった3分でみるみる脂肪を燃やすことができるのです。

脂肪を落とすためには消費エネルギーを増やすことが原則です。
24時間生命を維持するためだけに使われている人間の消費エネルギーを基礎代謝といいます。
この基礎代謝をあげれば、楽に効果的にダイエットできるのです。
基本的に基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やせばいいので、筋トレなどで筋肉量を増やします。
そして有酸素運動の30秒で効率的に脂肪を燃焼させるのです。
器械を必要とせず、家庭で簡単に出来る方法が考案されているのが人気の秘密かもしれません。


RSS関連リンク

サーキットダイエット
食事の燃焼させないと脂肪は、サーキットダイエットに使いながら、酸素運動器具を成功さ控えめとなっても、ちょっと不思議な感じが速やかにしている場合、よく耳に欠かせて食事制限を行なう場合、からだの補給も視野に適してくるのダイエットというと思い ...



トップに戻る
posted by: medit | いろいろなダイエット | - |-